世界基準の「ホウ酸」による 木材劣化対策技種で、
あなたの大切な住まいを守る。 それがボロンdeガード®です。

木の家を長持ちさせるには、 木材劣化対策が不可欠。

日本の住宅の平均寿命はおよそ30年程度で、世界先進国のそれと比べて半分から1 /5ほどしかないと言われています。これではローンの支払いが終わらないうちに 建て替えなければならないということになります。その要因を大きく占めるのが、土台や柱・梁など構造材の腐れやシロアリによる被害です。その発生率は、およそ3〜4軒に1軒と言われ、大切な住まいの資産価値を損なってしまいます。耐久性も構造材である木材が健康であってこそ意味があります。そのためにも、最適な木材劣化対策が不可欠です。

正しい木材劣化対策。 それは世界基準のホウ酸処理です。

では、どのような木材劣化対策をすればいいのでしょうか?結論から言ってしまうと、それはホウ酸処理だと断言できます。世界的にみて、木材に予防的に合成殺虫剤を処理しているのは日本くらいで、アメリカやヨーロッパでは安全で効果の高いホウ酸処理が主流です。特にアメリカでは、木材に予防的に合成殺虫剤を使用することは認められていません。

正しいと言い切るには理由があります。
それは、安心・安全・効果持続の木材劣化対策だから。

現在木材劣化対策には、 ー般的な合成殺虫剤による方法をはじめ、さまざまな方法がありますが、 人にも環境にもやさしく、確 実に施工できて、 しかも効果が長く持続する方法は多くはありません。 すべての条件をクリアした正しくかしこい方法だといえるのが、ホウ酸木材劣化対策・ ボロンdeガード®です。

安心・・・人にも優しい自然素材
安全・・・お部屋の空気を汚しません
効果持続・・・効果はずっと続きます

腐れ・シロアリ対策のいろいろ

ホウ酸は自然素材。

ボロンdeガード®の有機成分はホウ酸塩鉱物由来。ホウ酸塩鉱物はアメリカや西トルコで採掘され、精製されたホウ酸はガラスの原材料等その用途は多岐にわたります。植物にとっても、ホウ素 (ホウ酸に含まれる元素)は必須微量ミネラルで、 肥料としても利用されています。また、18世紀につくられたヴァイオリンの名器「ストラディバリウス」 からホウ砂(ホウ酸ナトリウム)が検出されたそうです。 表面に使用されているワニスの防腐剤であったとのことですが、このことから、300年経っても分解しないことがわかります。

人にも地球にもやさしい。

ミツバチがいなくなったというニュースを耳にした方も多いかと思います。 その原因としてあげられているのが、ネオニコチノイド系の農薬です。 ミツバチがネオニコチノイドに低用量でも曝露すると、脳の働きが狂い、方向性を失い、巣に戻れなくなってしまうと考えられており、 世界各国で使用が規制されています。
シロアリ予防に使われている多くの合成殺虫剤も同じ成分です。 ヒトへの毒性は有機リン系とほぼ同等といわれ、ヒトに摂取されると中枢神経系や自律神経系、骨格筋に関連する様々な症状を引き起こします。脈の異常、指の震え、発熱、腹痛、頭痛、胸痛などのほか 短期の記憶障害も起こります。胎盤を通過するから、妊婦が摂取すれば胎児が影響を受けます。 非常に毒性が強く残留性の高いとても危険な農薬なのです。

正しいと言い切るには理由があります。

揮発・分解せず、効果が長期間持続。

鉱物由来のホウ酸は、分解や揮発することが無いから、効果が低下しません。合成殺虫剤(農薬)は、揮発
分解して3~5年でその効果がなくなってしまいます。100年持つといっても過言でない木材劣化対策、それがホウ酸を使ったボロンdeガード®です。

長期保証を実現

万が一、シロアリの被害にあった場合は、保証規定により、損害額を補償する補償する保証制度をご用意しています。

責任施工で安心。

ボロンdeガード®は、材料だけの販売はしておりません。日本ボレイトの持っているノウハウをトレーニングし一般社団法人日本ホウ酸処理協会(JBTA)に登録されたホウ酸処理のプロフェッショナル「ホウ酸施工士」が、責任をもって施工します。ボロンdeガード®は全ての施工に対して、規定されたフォーマットの施工報告書を発行しています。つまり、この規定に合わない施工報告書は必要な施工がなされていない事になります。

内容は使用工法、薬剤の詳細な説明から始まり、責任施工である事を表すためにJBTA認定施工士のセル
フポートレートも載せ、要件を満たす全ての施工箇所をー枚一枚写真におさめていきます。次回の点検時にも記憶に頼る事なく、的確に実施するために必須の報告書となっています。


家族と住まいの健康を守る。 ボロンdeガード®工法

「100年住むならボロンdeガード®」 自然素材・ホウ酸による、これからの木材劣化対策工法。 長期優良住宅にも対応しています。

《標準划理/1階全部她理》

ヤマトシロアリ・イエシロアリ・木材腐朽菌対策

標準処理は、基礎天端(コンクリート基礎の最上部)より1mまでの木部を超
高濃度ホウ酸水溶液(ホウ酸換算濃度24%以上)で処理します。また、
特 にシロアリの侵入リスクの高い水周り(基礎貫通配管)や玄関は1階の天井
部まで処理します。処理した木部は、ビニールシートなどで雨対策を行います。

《全構造材処理》

アメリカカンザイシロアリ対策

標準処理/1階全部処理と合わせて、基礎天端より1m超の木部を高濃度
ホウ酸水溶液(ホウ酸換算濃度20%以上)で処理します。処理した木部は、
「ホウ酸溶脱防止剤」で雨を接水させることなどで雨対策を行います。

責任施工だからできる、木材劣化対策。

ボロンdeガード®工法施工フロー

(1階の剛床が上棟後に納まる場合)
サッシ、断熱材、透湿防水シートが納まる直前の1日工程です。

(1階の剛床が上棟前に納まる場合)
土台敷きの当日(もしくは前日)と、サッシ等が納まる直前の2日工程となります。

① 基礎天端より1mの墨出し
② 化粧柱等の養生
③ 付近の車両等の養生
④ 土台・大引の処理
⑤ 構造材:剛床の処理
⑥ 納まってない部材の処理
⑦ 構造材:柱等の処理
⑧ 雨対策の養生
⑨ 水周りや玄関は1階天井まで
⑩ 全構造材:野地板の処理

ホウ酸の見える化ーホウ酸残留検査

雨に弱いホウ酸。万がー処理した部位に雨が当たってしまった場合、ホウ酸が流れ出てしまう恐れがあります。 そんなときホウ酸施工士は、処理した木部に充分なホウ酸が残っているか「クルクミンテスター」という試薬で検査します。ホウ酸が充分 に残っていれば赤く発色し、不足していれば黄色いまま。黄 色いままであれば、再施工をします。

既存住宅の木材劣化対策もおまかせ。

「すでにお住まいの住宅にもボロンdeガード」
普段の生活をしながら対策ができる、安心・安全な木材劣化対策工法。

①調査
外周、床下から屋根裏まで、事前の調査を行います。
②予防
腐れやシロアリ、不快害虫を予防します。
③駆除
もしシロアリがいたら、安全な方法で 駆除します。

ダスティング処理・・・アメリカカンザイシロアリや不快害虫対策
ダスティング処理とは、ホウ酸を粉のまま、コンプレッサーで散粉(ダスティング)する処理方法です。水溶液が使えない小屋裏(屋根裏)や壁体内、また、人が入っていけない空間などに有効です。グルーミングという習性を利用した処理方法で、処理された空間を不快害虫が歩くとホウ酸が手足に付き、舐めることで死に至ります。アメリカカンザイシロアリ駆除現場では必ず行う処理方法です。

知れば知るほど、ボロンdeガード

工場勉理

多様化するさまざまな木造建築工法に対応するために、プレカット工場や、パネル製造工場でのホウ酸処理にも尽力しています。

カビ対策

ホウ酸の持つカビを抑える効力をさらに高め、カビでお困りの住まい手のニーズにお応えします。配合される「ボロンdeガード。防カビプラス」は安全性が極めて高く、効果が長期間持続する防カビ剤です。

ボレイトシール

ホウ酸防蝶気密シーリング材。日本初の防蝶議効果が持続する新開発のシーリング剤です(F☆☆☆☆(JSIA-872001)認定済)。

ボレイトスティック™《屋内外用》

ホウ酸を特殊技術でチョーク状に固めた木材保存剤です。挿入された木材が濡れると、溶けだしたホウ酸がゆっくり木材内部で広がり、腐れやシロアリの被害から守ります。

おかげさまで1万棟支持され伸び続ける実績。

これまでボロンdeガードが施工された新築物件は1万棟以上。そこに住まう家族の大切な住まいと健康守りたいと願う工務店の方に支持いただいた結果です。

心地よい居場所づくりには欠かせません。j-Worksプロジェクトで標準採用。

i-worksプロジェクトにも正式採用されているボロンdeガード。開発者の伊礼さんにその理由をお伺いしました。

伊礼智(伊礼智設計室)

人に害がなく、地球環境にもやさしい木材劣化対策として、i-worksプロジェク
トではボロンdeガードを標準採用しました。私が設計するそれ以外の設計物
件でも推奨しています。世界では標準的に使われている木材劣化対策であり、
床下が居住空間と同じ扱いになる空気集熱式ソーラーシステムでも安心して処 理できるのがいいですね。

~伊礼 智(いれいさとし)~
1959年沖縄県生まれ。82年琉球大学理工学部卒業後、東京芸術大学美術学部建築科大学院
を修了。丸谷博男+エーアンドエーを経て、96年より伊礼智設計室開設。日本大学生産工学部建
築工学科「居住デザインコース」非常勤講師。

たしかな知識と施工のために、学び続ける認定施工店。

日本ボレイトが組織する一般社団法人日本ホウ酸処理協会(JBTA)では、ホウ酸処理による木造建築の長寿命化と資産価値向上のため、施設内部に建設された「1/1スケール木造建築モデル」を用意しており、限りなく現場に近い環境での技術向上・開発・検証を行っております。また、全国でスクーリング研修を行い、ホウ酸施工士の知識の向上を図っております。そして、正しいホウ酸処理の普及のために、全国でセミナーを随時開催しております。

「ニッポンの木材保存を変えるために」

平成23年9月にホウ酸系薬剤が日本木材保存協会に認定され、翌24年3月にホウ酸処理が長期優良住宅に適合しました。長かった“鎖国”が終わり、世界基準を取り入れることになったのです。しかし、まだまだわが国で建てられている木造住宅のほとんどは、合成殺虫剤処理です。床下の再処理で使われているのは、合成殺虫剤です。住まい手の方がホウ酸処理よりも合成殺虫剤処理を選んだのであればいいのですが、ほとんどが選ぶこともできていない。これを何とかしたい。国民の健康と、大切な財産である木造住宅を守るため、ウッドガード東海は日々走り続けています。 応援してください!