コウモリの種類・被害

コウモリが宿主となる感染症は狂犬病が有名であるが、新興感染症に分類されるリッサウイルス感染症、ニパウイルス感染症、ヘンドラウイルス感染症、日本脳炎、重症急性呼吸器症候群 (SARS) などの原因となるウイルスの保有が報告されているほか、日本国内のコウモリから新種のアデノウイルスやヘルペスウイルスの発見も報告されています。(ウィキペディア)より

コウモリの生態
コウモリは哺乳類です。家コウモリまたはアブラコウモリ体長が5~10cm重さ5~10gほど翼の広さは体長の約5倍になり集団で居ます。
コウモリは夜行性です
人間の耳には聞こえない超音波を物体に当てて、反射した音(エコー)を鼻の部分(鼻葉)で受ける事で、狭い隙間や闇の中でも自由自在に飛ぶ事が出来ます。これを「エコーロケーション」といいます。
コウモリは冬眠する
コウモリはコロニーと呼ばれる群れをつくります。
昆虫などの少ない寒い11月頃から3月まで眠っています。エネルギーを出来るだけ節約します。
コウモリがもたらす被害
コウモリは集団で屋根裏を住かとしている事が多くその被害は大量の糞害です。
糞尿からの匂いも問題になり衛生的にもよくはありません。そして、アブラコウモリに寄生する虫としては、コウモリマルヒメダニ、コウモリトコジラミ、マダニなどが挙げられます。
アブラコウモリが増えることにより、こういった害虫も繁殖し人間に被害が及ぶ危険性があるのです。なお、コウモリは鳥獣法により捕獲、駆除はできません。

施工内容

コウモリは鳥獣法により捕獲、駆除する事はできません。追い出し作業は天然ハッカ油を使用致します。コウモリはツンとした匂いが苦手です。追い出した後再び侵入してこないよう出入り口を塞ぎます。そして糞の撤去をした後、除菌を屋根裏全体に行います。糞尿があまり気になる場合は消臭もおこなっています。

コウモリ調査
お電話、またはメールにてお問い合わせください。後日担当者から程折り返し連絡を致します。お客様の日程調整を行いましてから訪問致します。
調査料金、報告書付5,400円(税込み)

調査を行い現状把握
コウモリの生息有無の現状の屋根裏、建物回りの被害有無を的確に調査いたし報告致します。

お見積り
調査結果をもとにどのような対策が必要かまとめ提案お見積り致します。

料金

建物の広さ、コウモリの侵入口が屋根裏からできない場合は高所作業車、足場設置料金が掛かります。
また、追い出し料金・糞撤去・除菌料金も建物の広さにより変わります。

例 屋根裏からの施工
屋根裏屋20坪(66㎡)
1 コウモリ追い出し
2 糞撤去
3 除菌
4 技術費
1 ~ 4まで72,600円(税込み)
侵入口塞ぎ1箇所2,200~3,300円(税込み)

屋根裏から出入り口を塞ぐ事ができない場合は外からの施工となります。
高所作業車27,500円(税込み)(車体代金・燃料費)
侵入口塞ぎ1m 2,200円(税込み)
※足場設置の場合は足場専門会社によるお見積りとなります。
建物の広さにより料金は変わります。
スポット対策8,800~16,500円(税込み)

安心の見積もり0円

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます。

各種クレジットカード、各種電子マネー決済がご利用いただけます。

各種クレジットがご利用可能です

※ 手数料がかかる場合がございます